なぜ漢検2級の四字熟語問題は捨てられないのか?

コチヤ
コチヤ
まいどまいど、ナマケモノの妖精コチヤですわ。

 

漢検2級にはな、1つだけやっかいな問題があるねん。

それはな、

四字熟語

や。

2級の大問(四)が四字熟語の問題やったな。

(四)には問1と問2があって、それぞれ以下の出題内容やで。

問1 問2
出題内容 四字熟語の2つの漢字の書き 四字熟語の意味
問題数 10 5
配点 20点(1問2点) 10点(1問2点)

つまり、四字熟語の「書き」と「意味を知らないと答えられへんねん。

 

四字熟語は普段使わんから、2級の中ではハードな部類なんやな。

実際、2級の受験者の平均点を見ても、最も平均スコアが低いんや。

令和2年度第3回の平均スコアは次のもんやったぞ。

  • 問1:9.9点 / 20点中
  • 問2:8.1点 / 20点中

四字熟語の問題(四)全体で見ると、

40点中18点

しか平均で取れてないねん。

 

「四字熟語で点数が取れへん・・・・」と悩んでいるのは合格者も同じや。

「正解率レーダーチャート」を見てみい。

合格者でも唯一、8割の正答率を切っているのが四字熟語(四)の問1なんや。

漢検2級のチャレンジャーは四字熟語の書きで足を引っ張られているらしいで。

 

漢検2級の四字熟語を捨てられない理由

詳しくは「漢字検定2級の四字熟語が難しい理由」にも書いたけど、他のセクションと比べて難易度が高いねん。

すると、当然、受験者の中には

「四字熟語、捨ててもええんちゃうか…?」

と考えるやつもおるかもしれへん。

 

が、しかしや。

本気で合格したいならば、この考えは受け付けん。

その真の理由はな、

四字熟語の配点が高すぎるからに他ならへん。

 

四字熟語の大問(四)だけで、計30点の配点があるねん。

つまり、ここを完璧に捨てると、

マイナス30点スタート

になるわけやで。

 

2級の合格ラインは「80%程度」とされているで(公式ページより)。

2級は「200点満点」やから、80%というと、

160点が合格ライン

や。

 

つまり、合格するには「40点」しかミスれへん。

四字熟語を捨ててマイナス30点スタートになると「あと10点しか落とせへん」状態で試験が始まるわけや。

 

もちろん、2級には四字熟語以外にも部首や対義語、熟語の構成をはじめとする「難所」が待ち受けているで。

本気で漢検2級に合格したいなら、

四字熟語をしっかり対策し、捨てない姿勢で学習するべきなんや。

 

コチヤ
コチヤ
合格を目指すならば四字熟語にもしっかり時間をかけなあかんで

 

ほなね~